読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画で英語勉強している(ことにしている)

日常の悩みの90%が人間関係だっていうけど、本当にその通りだな。よじお。

 

おはようございます。皆さまいかがお過ごしでしょうか?僕は元気です。ありがとうございます。気持ちいいくらいに無職です。

 

 もう100%無職。ワンハンドレッド無職。NO JOB NO LIFE. イエーイ!めっちゃ無職☆

 

もうね、無職過ぎてすごい。なんならちょっと無職としての自覚が出て来たかもしれない。胸はって「無職です」って言えるかもしれない。僕だって「青年失業家」である。

 

それはさておき、今日は映画の話である。映画の話をさせてほしい。映画の話だけしながら一生を終えたい。

 

あなたには好きな俳優、女優がいるだろうか?僕にはいる。むしろ、基本映画は演者で選んでいると言ってもいい。

 

あの人が出てるなら見よう、あの映画にはあの人も出ているのか、そういえば今回の主演の人はあの映画ではあんな役だったな。そんな感じで映画を選んでいる。そう、お気づきの方もいるかと思うが、僕は映画に詳しいわけでも、何か信念を持って見ているわけでもない。ただの映画好きである。

 

そして今書いてて思い出したけど、もともと映画を自分に見ていいとした理由は、英語を勉強できるからだったんだ。英語の映画を英語字幕で見るっていう「自分の勉強になるから」という理由で許可したんだった。忘れていた。

 

TU◯AYAとかでDVDで借りると、大抵のものには英語字幕がついているから、それをチェックしてから借りていたんだった。最近はもっぱらamazonプライムで見ちゃってるから、英語字幕で見てなかった。やべえ、勉強しなくちゃいけない。余計なこと思い出した。英語でログインすれば英語字幕あるのかな、あとで調べてみよう。

 

英語字幕で見るメリットとしては、英語を勉強できること、と言ってしまえばそのままであるが、やはり発音の勉強になるということがでかいと思う。英語の発音を鍛えるためには、その英語が(スペルが)頭で想像できていた方がよい。見たことのない英語を発音できるようになるには、相当な回数聞かなくちゃいけない。「回数稼ぐ」と割り切って聞きまくるのも一つの手だけど、はっきり言って僕の英語力では手間と時間がかかり過ぎる。効率が悪い。

 

それよりも英語字幕できちんとスペルを確認、どの単語かを把握した上で聞いた方がよっぽど良い。それに、センテンス固まりで、文字で見ておいた方が、英語の勉強としてはやりやすい。頭に入りやすい。

 

「効率がいいとか言いだしたら、単語帳とかで勉強した方がよくね?」っていう意見もあるだろう。でもちょっと待って説明(言い訳)させてくれ。

 

まず第一に、勉強は楽しくしなければいけない。単純に「楽しい方がいいじゃん」っていうことではなくて、人間の脳は楽しいと「なんとか波」っていう電波(脳波)を出す。その時の脳の記憶力っていうのは、楽しくないときよりも遥かに効率が良く、たくさんのことを記憶することができるのだ。

 

だから勉強は楽しい方がいい。楽しむための工夫を最大限するべきだ、というのが僕の持論なんだけど、説明のための細かいワードを覚えていないから、自分でも驚くほど説得力がないね。確かα波だったも思う。違うかも、かめはめ波だったかも(スベった)

 

だから英語の勉強もできるだけ楽しんだほうがいい。勉強は本来楽しいものなのだから。でも単語帳の勉強は楽しくない。いや、正しく言えば、楽しくするのが中々難しい。何かテストなど、目標となるものが直近に設定できればいいのだけど、TOIECなんて今さら目標にしてもしょうがないしな。

 

だから映画である。特にリスニングは単語帳を読むことだけでは鍛えられないし、英語で一番大切なのはリスニングだと僕は思っているから、映画で勉強するのが自分にとってベストなのである。ベストチョイス、ナイスアイデア、フィーリングッドなオポチュニティである。(無理くり)

 

そんなわけで、映画での勉強メリットとしては、

◯楽しい

◯女優さんがかわいい

◯俳優がかっこいい

◯外国の文化に触れられる

◯映画が趣味っていうとなんとなくかっこいい

 

以上のことがあげられるだろう。(英語は?)

 

 

次にデメリットだが、自分の英語能力の低さのために、内容がほとんど分からないということがあげられる(台無し)

 

だってわかんないんだもの。わっかんないんだもの。特に専門用語がバンバン出てくるやつとかは本当に分からない。サスペンスとか、ストーリーが難しいやつはチンプンカンプン。ラブストーリーとかだと分かりやすいんだろうけど、どちらかというと小難しいストーリーの映画が好きなのが困りもの。

 

まあそんなときは、割り切って日本語字幕にしてしまえばいいのです。日本語字幕でも勉強にならないわけじゃないし(自分への甘さがすごい)

 

ということで、この前見た「25時」っていう映画の感想を書こうと思っていたのだけれど、話が完全に脱線して長くなったのでまた今度にします。結果的に映画の話はできたと思うし(はあ?)

 

仕事辞めて心に余裕が出来てきたので、キチンと勉強の時間をとっていこう。ハリウッドスターになるために(はあ?) 

 

現場からは以上です。